スタッフブログ

床下に断熱材が入っていない家

インスペクションをしていると、壁の内側や床下に断熱材が入っていない家があるので驚きます。
とくに床のフロア材の下に断熱材が入っていないと、床下空間の冷気が室内に入り込んで、とても寒い思いをすると思います。

dannneu 6.jpg

自分の家が寒いと気づくきっかけで一番多いのが、
子供が住んでいる家に遊びにいくと、びっくりするほど暖かかった経験や、
反対に、暖かい家に住んでいる子供が、ひさびさに実家に帰ってきて、あらためて寒さに気づく、などです。

この断熱リフォームをされたお客様も、娘さんに寒さを指摘されて、
床下に断熱材が入っていないことに気づかれたそうです。
孫を預かることが多くなり、直接床に座る孫の健康のために断熱リフォームを決められました。

▼床下に入れる断熱材 スタイロフォーム
dannneu 8.jpg
フローリング下に断熱材を入れる工事は、大工さんがたいへんです。
根太と根太の間の寸法は、それぞれ微妙にちがいます。隙間なく断熱材を入れないと
効果は半減しますので、ミリ単位で寸法をはかって、それにあわせて外で断熱材をカットしてから
床下にはめこんでいきます。

なので、少ない面積でも、施工には時間がかかります。

全面リノベーションで室内を解体する工事でしたら、床上からポンポンと並べるだけでいいので
簡単ですが、この事例では、そこまでの工事ではなかったので、床下からの工事となりました。

dannneu 9.jpg

▲断熱材を入れ終わりました。全然隙間がないので、大工さんの技術もすごいと思います。

お客様もたいへんお喜びで、
「いままでスリッパなしでは歩けないほど冷たかった床が、スリッパをはかなくても
 歩けるようになりました」

ずっと同じ家にすんでいると、自分たちが不自由をしていたり、健康を害する環境にいることに気づかないことが多いです。
省エネ断熱リフォームは、住む人の健康のために必要なリフォームだと思います。
 




福岡県太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市の中古住宅探しからインスペクション、
リノベーション・補助金リフォーム・減税・増改築等工事証明書・耐震証明書まで・予算に合わせて相談できるテイキング・ワンにお任せください。

株式会社テイキング・ワン
TEL 092-919-5885
福岡県太宰府市大佐野3-11-5(福岡農業高校前/TOTO福岡南ショールーム横)
WEB http://www.taking-one.com/
営業時間 9時~17時 / 定休日 土・日・祝祭日
< 前の記事    一覧へ    後の記事 >