スタッフブログ

断熱リフォームにおすすめ補助金5/10開始!

次世代省エネリフォーム補助金の申請受付がはじまります

【公募期間】一次公募2021年5月10日~7月16日
      二次公募(予定)2021年8月2日~9月30日
    ※最終書類提出期限 2022年1月14日
【対象住宅】工事発注者が所有する戸建住宅、集合住宅
 

①断熱パネル等での改修

■居室(居間、寝室、子供室、和室等)のいずれか一室の外皮面の内壁一面以上に
「断熱パネル」を施工すれば、
その他の断熱リフォーム(内窓の設置、断熱材、調湿建材等)を含めた工事の
「補助工事単価」の2分の1、最高200万円まで、補助金申請できる制度です。
※補助金の下限額は20万円
次世代省エネ建材チラシ
チラシ2_内.png

②外張り断熱工法等での改修

■外気に接する外壁全てを屋外から施工する断熱工事(外張り断熱工法等)にて改修し、
全ての開口部(玄関ドアや勝手口ドアは任意)を外窓の設置又はカバー工法窓に取替える工事について、
「補助対象工事費」の2分の1、最高300万円まで、補助金申請できる制度です。

チラシ2_外.png
外張り断熱での改修については、
①工事完了後に、外皮平均熱貫流率(UA値)が地域区分に応じて以下の基準値以下となることが
外皮計算書により証明できること。
(地域区分1~2)0.03以下
(地域区分3) 0.40以下
(地域区分4~7)0.50以下
※地域区分とは?
②工事完了後、「効果測定」の結果を1月31日までに提出すること。


テイキング・ワンでは、①の断熱パネル等での改修について、
補助金申請サポートを実施しています。
サポートご依頼の要件
①サポートの依頼者は、該当のリフォーム工事を実施する「リフォーム工事会社」さまのみです。
(工事発注者(一般消費者)様からのご依頼は受付ていません)
②対象住宅は、工事発注者さまが所有している一戸建て住宅であること
③当社がサポートすることを、工事発注者さまにご了承いただけること
④工事写真の撮影等が実施できること
 
サポート費用
サポート費用は、以下となります。
補助金申請額 サポート費用
100万円未満 44,000円(税込)
100万円以上 補助申請額の5%+消費税
よくある間違いについて、あらかじめご確認ください!

よくある間違い1.png

よくある間違い2.png
よくある間違い


サポートに必要な書類等については、
随時ブログ更新いたします。

また、当該補助金制度についてオンライン(ZOOM)で
勉強会や説明会も実施しています。
お気軽にお問合せください!




 




【福岡県の木造住宅インスペクション・リノベーション・補助金リフォーム・耐震診断・中古住宅フラット35リノベ・適合証明等】【減税・増改築等工事証明書】【補助金申請サポート・木造住宅設計】

株式会社テイキング・ワン
TEL 0946-23-8201
〒838-0062 福岡県朝倉市堤1549-11(朝倉市役所そば けやき通り沿い)
WEB http://www.taking-one.com/
営業時間 9時~17時 / 定休日 土・日・祝祭日
< 前の記事    一覧へ