施工事例

中古住宅インスペクション事例です。

築後40年の木造住宅のインスペクションを実施しました。
柱や壁の傾きもなく、全体的に、築年数の割には良好な状態でした。

DSCN3860.JPG
ちょっと写真がぶれていますが、
床下の状態です。

当社では、基本のインスペクションで、床下のシロアリ被害がないかどうかも調査します。
さいわい、シロアリ被害はありませんでした。
湿気の多いところで一部カビがありましたが、
問題にならない程度のものです。

外壁に大きな亀裂があり、ここから内部に雨が侵入しているようでした。
ですが、すでにコーキングで補修して埋めてありますので、
今は雨漏りしていないと思います。
kk.jpg



P7310030p.jpg
軒裏の写真です。
このように、軒裏の表面が剥離している場合は、だいたい雨漏りしています。
ほかの場所にも、しみや剥離が数か所ありました。
屋根裏を調査したところ、屋根の下地となる合板が雨水を含んで浮いているのが
わかりました。

屋根の雨漏りは改修する必要があります。

インスペクションでは、おもに以下の項目を調査します。
・基礎
・土台、床組み、床
・柱および梁
・外壁や軒裏
・バルコニー、内壁
・天井、小屋組
・蟻害、腐朽等
・設備配管

そして、もっとも重要だといわれているのが、
雨漏りと蟻害です。

30年以上たった木造住宅なら、
なんにも悪いところがない方が不思議です。
多少床や柱が傾いていても、
それが1メートルにつき2㎜程度なら、
そんなに気にすることはありません。

ですが、雨漏りと蟻害などは、
すみやかに対処しないと、
家はどんどん悪くなります。

しかも、雨漏りや蟻害は、
一般の方がぱっと見ただけではわかりません。

資格を持った専門家が天井裏に入ったり、床下にもぐったりして
はじめて、どの程度の瑕疵なのか、きっちりした事実がわかります。

だから中古住宅を購入する際にはインスペクションが必要なんですね。
そして、
当社でもあつかっている 長期優良住宅化リフォームも、
インスペクションをして悪いところを調査し、
必要に応じて補修したり維持管理計画書を作成するなどして
あと20年、30年、安心して住むことのできる住宅改修をするのが目的の
補助金リフォームです。

住宅の見えないところを健康に保ち、
省エネ性能の高い住宅に改修することで、
その費用に対して最大100万円の補助金が出る、
そういう制度となっています。

住宅のインスペクションには
費用がかかりますが、
自分の住んでいる家がどういう状態なのか
はっきりしたことがわかるのは、
とても安心できることだと思います。

このごろインスペクションという言葉が皆様にも浸透してきたようで、
依頼も増えてきています。

もし、なにか不安をお持ちの方は、
相談してみてくださいね!



 




福岡県太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市の中古住宅探しからインスペクション、
リノベーション・補助金リフォーム・減税・増改築等工事証明書・耐震証明書まで・予算に合わせて相談できるテイキング・ワンにお任せください。

株式会社テイキング・ワン
TEL 092-919-5885
福岡県太宰府市大佐野3-11-5(福岡農業高校前/TOTO福岡南ショールーム横)
WEB http://www.taking-one.com/
営業時間 9時~17時 / 定休日 土・日・祝祭日
< 前の記事    一覧へ