施工事例

部分耐震改修の施工事例

タグ:耐震改修

当社は耐震診断アドバイザーとして、県の依頼を受けて耐震診断を実施し、
ご希望の方には耐震改修工事を提案しています。
昭和56年5月以前の住宅は、新耐震基準を満たしていないとみなされ、
耐震改修をして現行の耐震基準を満たすようにしようと思うと、
とても金額がかかります。

かといって、建替えるまでは考えられない…。

そんな方には、
「部分耐震改修」を提案しています。
20180117.png
 

この図面のように、いつも家族が過ごす居間などの床下に、耐震用の鉄筋を入れた基礎を増し打ちします。
そしてその基礎の上に耐力壁を載せて、しっかりと緊結します。

さらにその耐力壁と梁とを緊結することによって、はじめて「地震に強い耐震壁」ができあがります。

 

このように、耐震壁は、
「基礎」+「耐力壁」+「梁」の3つが合体して、はじめて耐震の機能を果たします。

だから鉄筋の入った基礎が打ってあるかどうかが、とても大切です。

ですが残念ながら、古い住宅は無筋の基礎が打ってあることが多いので、
いくら壁を補強しても耐震にはならないのです。

では、工事の様子を写真で紹介します。
CIMG0077-thumb-700x525-12372.jpg

DSCN1452.JPG
▲床下に、新たな鉄筋コンクリートの基礎を作ったところです。
 型枠でおさえ、2週間ほど養生します。
CIMG0255.JPG
▲基礎の型枠をはずし、上に土台、柱など、耐震壁となる下地を組んだところです。
CIMG0262.JPG
▲耐力壁を、梁に緊結しました。

▼仕上げの木目調ボードを貼りました。
CIMG0326.JPG
 

このように耐力壁をつくってあげて、
家の中に1部屋か2部屋、地震に強いスペースをつくれば、いざというとき安心です。

 

家が古いから。
建替えもできないし。

そんな方にもできる、「部分耐震改修」の現場紹介でした。

 





福岡県太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市の中古住宅探しからインスペクション、
リノベーション・補助金リフォーム・減税・増改築等工事証明書・耐震証明書まで・予算に合わせて相談できるテイキング・ワンにお任せください。

株式会社テイキング・ワン
TEL 092-919-5885
福岡県太宰府市大佐野3-11-5(福岡農業高校前/TOTO福岡南ショールーム横)
WEB http://www.taking-one.com/
営業時間 9時~17時 / 定休日 土・日・祝祭日
< 前の記事    一覧へ    後の記事 >