新着情報

2017年バリアフリー減税 増改築等工事証明書の発行を始めます。

今年、浴室をシステムバスにリフォームするなどバリアフリーリフォームをされた方で、
一定の条件を満たす方は、
来年確定申告をすることによって所得税減税が適用されます。
減税額は最大20万円。
以下がバリアフリー減税適用条件のチェックシートです。

平成29年 住宅リフォーム税制の手引き 本編_バリアフリーリフォーム編-1.jpg
平成29年 住宅リフォーム税制の手引き 本編_バリアフリーリフォーム編-2.jpg
画像が見にくい場合は、以下のURLで、54,55ページをごらんください。
http://www.j-reform.com/zeisei/pdf/zeisei29_2-bf.pdf
※増改築証明書発行前に確認する書類については60ページに記載されています。
   ↓
□ 増改築等を行った家屋の登記事項証明書等
 ……家屋の家屋番号及び所在地、居住者が所有者であること、家屋の床面積の要件を満たしていることを確認
□ 工事請負契約書又はその写し(左記書類がない場合は、領収書及び工事前後の写真で確認)
 ……改修年月日、改修事実を確認
□ 工事費用内訳書、領収書等
 ……50万円超(税込)の高齢者等居住改修工事等であることや、控除対象工事費用の額を確認
□ 設計図書その他設計に関する書類、写真等
 ……適用対象となる工事を行っていることを確認
□ 補助金交付額決定通知書等
 ……バリアフリーリフォームで補助金等を受ける場合は、その交付額を確認


■今年テイキング・ワンで工事をされた方には、当社よりお知らせと資料をお届けした上で、
該当の方には無料で増改築等工事証明書を発行します。

■今年テイキング・ワン以外の会社で工事をされた方も、
その工事店が増改築証明書を発行できない場合は、
必要書類をそろえていただいた上で、当社に増改築等工事証明書の発行をご依頼いただけます。
費用は5,400円(税込)です。

■いずれの場合も、確定申告はご自身でしていただく必要があります。

まずは上記のチェックシートで条件を満たしているかどうか確認の上、
お電話またはお問合せフォームよりご連絡ください。
そろえていただく書類等、折り返しご連絡します。

お問合せフォーム  http://www.taking-one.com/contact/

※当社のいままでの例では、
所得税を納めてらっしゃる方が確定申告時にバリアフリー減税の申告をすることで、
10万円~15万円程度、かえってきているようです。




 
< 前の記事    一覧へ    後の記事 >